体質改善・成績アップ

頭痛で当院に来院されるお客さまのほとんどは病院や整骨院で検査や施術を受けた方が多いです。

病院に行くと、脳神経外科で検査を受けることが多く、異常がなければロキソニンを処方されて終わることが多いです。

整骨院では痛みの出ている部分を対症療法的に施術をすることが多くみられます。

頭痛に対する主な施術としては

①頭のマッサージ
②首の筋肉のマッサージ
③痛み止めの薬を処方する
④首を温める

などがありますが、なかなか改善しないケースも多くみられます。
改善しないケースに共通することは「検査の不十分さ」だと考えています。

改善しない人のほとんどのケースでは「不良姿勢」「肩甲骨の柔軟性低下」であることが多いです。

上記の①~④の薬やマッサージ自体が悪いというよりも、「頭痛の本当の原因」を検査してから「原因の施術」を行うことで改善が期待できます。

頭痛の原因は大きく4つあります。

①脳卒中による頭痛
②水頭症による頭痛
③血液循環不良による緊張型頭痛
④急に血管が拡張して起こる片頭痛

①と②は病院でしっかりと見てもらわないといけないものになります。ただ、③と④に
関しては当院でも改善できる可能性が高いケースになります。

③の緊張型頭痛は、頭の横の筋肉や、肩や首の筋肉が緊張することで起きます。 筋肉の緊張で血流が悪くなった結果、筋肉内に老廃物がたまり、その周囲の神経が刺激されて起きる痛みです。

④の片頭痛は、心身のストレスから解放されたときに急に血管が拡張することがあり、仕事のない週末などに「片頭痛」が起こることもあります。そのほか、寝過ぎ、寝不足、女性ホルモンの変動、空腹、疲労、光や音の強い刺激なども、「片頭痛」の誘因とされています。

頭痛の原因というのは、大きく2つの要因が考えられます。

①猫背などの不良姿勢による血液循環不良
②肩甲骨周囲の筋肉の過緊張による血液循環遼

この2つの要因を引き起こすのは主に

  • デスクワークのしすぎ
  • スマホの使いすぎ
  • 家事で前傾姿勢が多い

そして、こういった猫背や巻き肩といった不良姿勢が続くと、肩甲骨の位置がどんどん前方に出ていき、胸の筋肉が短くなってしまいます。そうなると、肩甲骨の柔軟性が低下してしまい、血液循環不良を引き起こしてしまいます。

ここで「正確な検査」ができる整体院に行くと胸の筋肉の施術や他の原因を施術できるため根本原因である血液循環不良を改善できるケースも多くみられます。

実際、臨床現場では肩甲骨周囲の筋肉の過緊張を施術することで頭痛が改善するケースは非常に多くみられます。

多くの頭痛を施術してきた中で、実際に肩甲骨周囲のガチガチに緊張した筋肉をゆるめ、筋肉や腱を正常な位置に収めます。

さらに筋膜の歪みを正常に戻していくと、ほとんどの方が1回目から改善を見せ始め、3~7回目には日常生活にさしさわりのないレベルになっていきます。

頭痛を改善するにはいろいろな方法があるのですが、一番大切なのは「根本原因」を見つけて施術することです。

根本原因を見つけるのに大切なことは「検査の精度」が重要になってきます。

一番ダメなことは検査もせずにいきなり施術に入ることです。

当院では頭痛に特化した整体院悠式の検査方法を行います。

そこで原因を見つけて、しっかりと施術を行っていきます。

施術の方法としては主に

①筋膜リリース

②筋肉の施術

③姿勢矯正

になってきます。順番に解説していくと

A 表層の筋膜の歪みを改善

B 深層の筋肉の硬結を除去

C ぶり返しの要素となる姿勢矯正を行う

しっかりと原因の施術を行い、ぶり返しの原因となる姿勢矯正を行うことで頭痛は改善できますので諦めないでください!