【可児市 整形外科】可児市の整形外科に通っていても治らない腰痛・ヘルニア・しびれにお悩みなら、可児市瀬田のTARO整体院

可児市で整形外科に通ったが腰痛が治らず、途方に暮れているあなたへ

こんにちは。

可児市の整形外科で治らないと言われた腰痛を解決する専門家
TARO整体院の院長TAROです。

私は可児市で唯一の腰痛治療の専門家として活動しています。

悩んでない人は見ないでくださいね!

先日見つけた記事に

「腰痛は”気”で治す病気だった」

というものがありました。

実は皆様が知っているかは分かりませんが原因が不明で
患者を苦しめている腰痛が全体の85%も存在しています。

こういった原因不明と言われる慢性的な腰痛に対して

最近のトレンドでは”精神的ストレス”が原因になっていると言われることが
多くなってきました。

実際に、整形外科に行って検査をやり尽くしたけど明らかな異常がない場合

心療内科の受診をススめられるというケースが良くあります。

記事の中には、腰痛のスペシャリストだという整形外科学講座の教授の
話が出ていました。

この教授も精神的ストレスが腰痛の原因になると考えておられるようで

「腰の痛みが5年以上続き、いろいろな治療を試してもよくならないという場合は、
心因性の腰痛を疑っていいでしょう」

と言っているようです。

さらに、
「厄介なのは、痛みの原因がヘルニアなどの器質的な障害なのか、
脳のメカニズムのトラブルなのか、ストレスが体に表れたものなのか、
本人にも医師にも分からない」

ともおっしゃっています。

この記事から分かることは

整形外科で何をやっても痛みが取れない時はお手上げ

ということです。

何をしてもダメだったそれが5年も続いているしかもレントゲンやMRIなど
整形外科でできる範囲では異常がない

じゃあもう心の問題でしょ

ということです。

5年間も腰痛で苦しんでいれば
精神的にストレスが生じていないわけが
ないですよね。

最終的に心の問題です

なんて言われたあなたはどう思うでしょうか?

「整形外科では何をやっても治らなかった、、、やっぱり私は心の病気だったんだ」

そうやって今度は腰痛とは別に”精神病”という診断名をつけられます。

そして記事にはこうも書いてあります。

「何年も痛みが続いているということは、少なくともがんなどの命に関わる
病気が原因ではないということです。もしそうならとっくに亡くなってしまったり、
歩けなくなったりしているはずですからね。」

もう信じられませんね。

問題点が大きく入れ替わっています。

痛みの原因はわからないけど命に関わるものじゃないから気にするなと。

驚きですね。

これが現実なんです?
信じられません。

あなたは両足を失いました。でも命はあるから気にしないでください。

そう言われているのと同じですよね。

整形外科では原因がわからないから精神的な問題にしてみたり論点をずらしてごまかしたりひどい話だと思います。

こういう記事を腰痛に悩んでいる人が見たら自分も精神的な病気なんではないかと
不安になってしまいます。

精神病と診断されてさらに腰痛に苦しめられる前にまだやるべきことが沢山あります。

整形外科には分からない場所に本当の腰痛があることがあります。

実際に私の母は背骨を折って、腰痛と右足の痛み、しびれにひどく苦しめられました。

毎日意味のない電気を当てに通わされ、ついには整形外科医にはもう治らないと言われました。

でも今、母は一切腰痛や足のしびれに悩まされることはなくなっています。

そうです。

整形外科医には分からない原因で腰痛が起きていることがあるのです。

長年、うつや認知症の方に関わり、カウンセリングをしてきた私だから、心の病かどうかなんて・・・と思います。

本当の原因が知りたいあなたは、ご連絡下さい。